トップ  >  会員の皆様へ  >  井上学術奨励賞  >  選考基準
日本アフェレシス学会


"井上学術奨励賞"選考基準

 
平成8年4月6日 制定
平成9年2月18日 一部改定
平成10年11月6日 一部改定
平成11年9月20日 一部改定
平成21年11月25日 一部改定
 
1. 名称:井上学術奨励賞とする。
2. 選考人数:原則として1名、又は1研究グループとするが、複数の受賞者のある場合に
  は20万円を均等に分割する。
3. 選考基準
 1) 年齢:50歳未満とする。
 2) 項目:臨床的な新知見については、過去3年間に日本アフェレシス学会雑誌に報告
     された論文、或いはレフェリーのある雑誌に掲載されたアフェレシス関連論文とする。
     新しい機器の開発については特許が申請されたものとする。
 3) 推薦:日本アフェレシス学会評議員1名による推薦を必要とするが、各評議員は毎年
     1名に限り推薦をすることができる。但し、選考委員は除く。また、編集委員会より、
     学会誌に掲載された論文の中から候補者を推薦できるものとする。(複数可)
 4) 資格:被推薦者は本学会会員でなければならない。自薦・他薦は問わない。外国人も
     選考対象に含めるものとする。
 5) その他:同一分野で同価値の評価を得た場合には、より新しい独創的な報告を採用し、
     また、複数の候補者のいる場合にはより若い候補者を選考するものとする。なお、選考
     に当たっては、アフェレシスの普及について、選考対象者が所属する施設あるいは
     地域において将来中心的な立場を担いうるか否かも考慮するものとする。
4. 選考委員会:学術委員会が担当するが、必要に応じて申請された関連分野の専門家を
    加えて、選考委員会を組織する。
5. 申請方法:
 1) 被推薦者は以下の書類を添えて日本アフェレシス学会事務局に申請する。
   1. 申請書
   2. 論文ないし特許書類のコピー
   3. 履歴書
   4. 過去5年以内の主要業績目録及びアフェレシス学会(地方会を含む)における学会
       報告業績
   5. 推薦書:業績の独創性及び関連分野についての国内外の研究状況からの位置づけ
       について記載されているもの。
 2) 以上の書類のコピー10部を送付すること。
 3) その他:選考委員会は推薦人に対して被推薦人に関する事項について問い合わせを
     することがある。
6. 推薦日の受付日、選考委員による選考結果の事務局への送付日および選考委員会の
    開催日は毎年別途定める。
7. 最終の選考は選考委員会を開催して決定する。
8. 選考結果は、年次総会開催2ヶ月前までに理事長に報告する。
 

 

Page Top