HOME  >  Information 

Information

第1回アフェレシス研修会開催報告

若手の医師、看護師、臨床工学技士などを対象にアフェレシスに関する基礎的な知識・技術の習得を目的として、実際のアフェレシス機器を用いたアフェレシス研修会を企画し、第1回研修会を2013年7月5日(金)、6日(土) 札幌にて開催しました。

 詳しくはこちらをご覧ください。

投稿日時: 2013年07月16日

第34回日本アフェレシス学会学術大会開催のお知らせ

 第34回日本アフェレシス学会学術大会が2013年11月1日(金)~11月3日(日)に開催されます。特設サイトが用意されておりますので下記URLよりご覧ください。

 

http://www.apheresis34.jp/

投稿日時: 2013年05月10日

第19回日本アフェレシス学会九州地方会開催のお知らせ

第19回 日本アフェレシス学会九州地方会が2013年4月28日(日)に開催されます。

詳しくはこちらを御覧ください。

投稿日時: 2013年04月03日

ISFA 2013 演題登録 期間延長(4月10日締め切り)のお知らせ

日本アフェレシス学会 評議員・会員の皆様

拝啓
早春の候、皆様におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

今春2013年5月9日~12日に、中国・杭州にて開催されます、第9回国際アフェレシス学会(the 9th International Society for Apheresis Congress 2013) (谷徹理事長・Lanjuan Li大会長)へのご参加を2月にお願い致しました。
さらに多くの参加者を募るために、抄録送付期限が、4月10日と1ヶ月延期となりました。この機会に、さらに多くの皆様から、演題のご登録を心よりお待ちしております。

詳しい内容は、国際アフェレシス学会ホームページ(https://www.e-isfa.org/)
または、大会ホームページ(http://www.isfa2013.com/en/)をご覧ください。
なお、大会ホームページの演題締め切りが3月10日のままとなっているかもしれませんが、現実には、抄録を受け付けています。
抄録は、上記大会ホームページより登録可能ですが、手続き上問題があれば、isfa2013@163.comでも受付いたしますので、ふるってご応募ください。
よろしくお願いします。

敬具

国際アフェレシス学会(ISFA)
理 事 長:谷 徹
事務局長:遠藤善裕

投稿日時: 2013年03月28日

第23回東北アフェレシス研究会開催について

第23回東北アフェレシス研究会が2013年3月9日(土)に開催されます。

投稿日時: 2012年12月17日

第31回日本アフェレシス学会関西地方会開催について

第31回日本アフェレシス学会関西地方会が2013年2月16日(土)に開催されます。

投稿日時: 2012年08月18日

第16回日本アフェレシス学会中部地方会開催について

第16回日本アフェレシス学会中部地方会が2012年12月8日(土)に開催されます。

投稿日時: 2012年08月18日

14th International Congress of the World Apheresis Association 開催について

14th International Congress of the World Apheresis Associationが開催されます。

 
 
WAA2012

 
Message:
It is a great pleasure for us to announce, on behalf of the Board of Directors of World Apheresis Association and Turkish
Society of Apheresis,the organization of the World Apheresis Congress, to be held in the enchanting city of Istanbul, on 13-16
September 2012.

Istanbul, the only city in the world built on two continents, stands on both shores of the Bosphorus where the waters of the
Black Sea mingle with those of the Sea of Marmara. Istanbul has endless variety with its gourmet restaurants and nightlife, arts,
museums, ancient churches, palaces, great mosques, bazaars and Bosphorus. However long you stay, whether for just a few days or
longer, your visit to this eclectic city will be unforgettable.

The scientific program covers topics from all the different fields related to hemapheresis. State of the art lectures,
evidence-based apheresis sessions, and satellite symposia covering information on the most up-to-date apheresis technologies and
their clinical applications, will be the main parts of the program.

We look forward to welcoming you to the 14th International Congress of the World Apheresis Association in ISTANBUL.Please click
on the link for further information: www.waa2012.com
 

Thank you for your help. 

Best Regards, 

Onur Turkay

 

投稿日時: 2012年03月27日

« 1 2 (3) 4 5 6 ... 8 »
Page Top