HOME  >  Information 

Information

新しい専門医制度について

平成27年7月22日

新専門医制度について

 

2014年9月開催の社員総会および会員報告会において、日本アフェレシス学会は新専門医制度の下で「アフェレシス専門医」の取得をめざすべく、専門研修カリキュラム、専門研修プログラムの作成等、専門医機構の承認へ向けて準備を進めていることを会員の皆様方へ報告致しました。

しかしながら、2014年10月3日に一般社団法人日本専門医機構が開催した「未承認専門医に関する説明会」おいて、承認の条件として「国民目線で分かりやすい専門領域であること」が提示され、可能な限り類縁の学会と協調して1つの専門医をめざして欲しい旨、説明を受けました。

これを受けて、理事会で検討を重ね、私たち日本アフェレシス学会と日本透析医学会、日本急性血液浄化学会は患者血液を体外循環し、病因物質を除去(浄化)して病態の改善を図る点で共通しており、協調して「血液浄化専門医」をめざすべく調整を進めました。しかし、あくまでも「透析専門医」をめざす日本透析医学会とは、対象患者が異なることもあり合意を得ることができませんでした。一方、日本急性血液浄化学会とは大半の治療法も共通しており、難病や急性期の患者を対象とすることから協調して「血液浄化専門医」をめざすことで合意を得ることができました(両学会の理事会で承認済み)。

現在合同ワーキンググループを結成し、「専門研修プログラム整備基準」、「専門研修カリキュラム」、「指導マニュアル」等の策定を行い、近い将来実施される日本専門医機構のヒアリングに向けて準備を進めているところであります。

会員の皆様への通知が遅くなり、たいへんご心配をおかけしましたが、かかる事情をご賢察のうえご理解のほどお願い申し上げます。

 

理事長     松尾 秀徳

認定制度委員長 服部 元史

投稿日時: 2015年07月22日

第36回日本アフェレシス学会学術大会開催のお知らせ

詳しくは下記のURLよりご覧ください。
http://jsfa36.umin.jp

投稿日時: 2015年05月01日

10th International Society for Apheresis Congress(ISFA 2015) 開催の御案内、プログラム

ISFA Logo

 

JSFAの皆さん

第10回国際アフェレシス学会(ISFA)学術大会の開始まで1ヶ月余りと近づいて参りました。大会は、メキシコ、カンクンにて5月13日より16日までの日程で開催され、大変ワクワクするようなtopicsが話し合われる予定です。最終プログラム案は、今後多少の修正はあるものの、近日中に完結される予定です。
また、大会はメキシコ輸血学会(AMMTAC)との共催で開催され、相互に科学が進歩出来るよう、他のアフェレシス団体とも協力して開催されます。
 
ご協力ありがとうございます。カンクンでお目にかかれることを楽しみにしています。
 
Patrick M. Moriarty, MD
 
President, ISFA
 
プログラムはこちらをご覧ください。

投稿日時: 2015年03月17日

第3回アフェレシス研修会のおしらせ

日本アフェレシス学会研修会実行委員長 峰島三千男

 

若手の医師、看護師、臨床工学技士などを対象にアフェレシスに関する基礎的な知識・技術の習得を目的として、実際のアフェレシス機器を用いた体験型 研修会を企画致しました。第1回、第 2回研修会を札幌にて開催し、参加者から好評をいただき充実した研修を行うことができました。つきましては第3回研修会を2015年7月3日(金)、4日 (土)、5日(日) 札幌にて、札幌北楡病院の米川元樹先生のご協力の下、開催する運びとなりましたのでお知らせします。

 

開催日時:

2015年7月3日(金) 17:00~19:30

7月4日(土) 9:00~17:30 (懇親会19:00~21:00)

7月5日(日) 9:00~11:00

開催場所:東京ドームホテル札幌、札幌北楡病院 (ご担当 米川 元樹先生)
参加費:会員40,000円、非会員60,000円
(研修費、東京ドームホテル札幌宿泊費(7/3、7/4、2泊朝食込)、7/4昼食、懇親会費を含む)
募集参加者数: 20名以内
2015年4月1日(水)より受付を開始します。
参加ご希望の方はお名前、ご所属と連絡先(住所、電話、メールアドレス)を事務局apheresis@shunkosha.comまでお知らせ下さい。
定員になり次第締切りと致します。奮ってご参加のほどお願いします。
なお、研修会に参加された会員には、認定制度資格・更新に関する特典(6単位)が付与されます。

 

プログラム:

【講義】

2015年7月3日(金) 17:00~19:30 於:東京ドームホテル札幌(萩の間)

開会(ご挨拶)  

1.アフェレシス療法の変遷と展望 長崎川棚医療センター 松尾秀徳

2.アフェレシスの基礎原理(膜分離・吸着) 東京女子医科大学 峰島三千男

3.各治療法と適応疾患 東京大学 花房 規男

4.アフェレシス治療の実際(具体的な処方を含めて) 岩手医科大学 阿部貴弥

5.アフェレシス関連機器とトラブル対応 北楡会札幌北楡病院 土濃塚広樹

 

【実技】

2015年7月4日(土) 9:00~17:30 於:札幌北楡病院

1.協賛企業による講義(9:00~10:15)

2.協賛企業の機器を使用しての研修(10:25~17:30、昼休み12:30~13:30)

・旭化成メディカル:ACH−Σ(血液浄化装置) :CART

・カネカメディックス:MA-03(血漿浄化装置) :LDL-apheresis

・川澄化学工業:KM-9000(血液浄化用装置) :DF-thermo

・JIMRO:アダモニターMM6-N(血球細胞除去用装置) :GCAP

・東レ・メディカル:TR55X-Ⅱ(血液浄化装置):CHDF

※グループ単位でローテーションし、全ての機器を体験してもらいます。

終了後、懇親会(東京ドームホテル札幌 19:00~21:00)があります。

 

【グループミーティング】

2015年7月5日(日) 9:00~11:00 於:札幌北楡病院

テーマに沿った討論やフリーディスカッションなど

 

問い合わせ先

日本アフェレシス学会事務局

〒169-0072

新宿区大久保2-4-12新宿ラムダックスビル10階

(株)春恒社学会事業部内

担当:中野 利洋

E-mail:apheresis@shunkosha.com

TEL: 03-5291-6231/Fax:03-5291-2176

投稿日時: 2015年02月23日

10th International Society for Apheresis Congress(ISFA 2015)開催のお知らせ

ISFA2015が2015年5月13日(水)~5月16日(土)にメキシコのカンクン市で開催されます。
詳細は下記URLよりご覧ください。
http://isfacongress.com/

投稿日時: 2014年12月01日

第35回日本アフェレシス学会学術大会開催のお知らせ

詳しくは下記のURLよりご覧ください。
http://www.jsfa35.org/

投稿日時: 2014年03月24日

第2回アフェレシス研修会募集のおしらせ

若手の医師、看護師、臨床工学技士などを対象に、アフェレシスに関する基礎的な知識・技術の習得を目的として、実際のアフェレシス機器を用いた体験型研修会を企画致しました。
2014年4月1日より募集を開始しますので、参加ご希望の方はお名前、ご所属と連絡先(住所、電話、メールアドレス)を事務局apheresis@shunkosha.comまでお知らせ下さい。定員20名になり次第締切りと致します。奮ってご参加のほどお願いします。
詳しくはこちらを御覧ください。
 
日時:2014年7月4日(金) 17:00 ~ 、7月5日(土) 9:00〜17:00(2日間)
場所:札幌北楡病院、東京ドームホテル札幌(ご担当 米川 元樹先生)
参加費:(研修費、7/4の懇親会費、宿泊費(朝食を含む)、7/5の昼食費を含む)
会員    25,000円
非会員   40,000円

投稿日時: 2014年03月12日

第1回アフェレシス研修会開催報告

若手の医師、看護師、臨床工学技士などを対象にアフェレシスに関する基礎的な知識・技術の習得を目的として、実際のアフェレシス機器を用いたアフェレシス研修会を企画し、第1回研修会を2013年7月5日(金)、6日(土) 札幌にて開催しました。

 詳しくはこちらをご覧ください。

投稿日時: 2013年07月16日

第34回日本アフェレシス学会学術大会開催のお知らせ

 第34回日本アフェレシス学会学術大会が2013年11月1日(金)~11月3日(日)に開催されます。特設サイトが用意されておりますので下記URLよりご覧ください。

 

http://www.apheresis34.jp/

投稿日時: 2013年05月10日

第19回日本アフェレシス学会九州地方会開催のお知らせ

第19回 日本アフェレシス学会九州地方会が2013年4月28日(日)に開催されます。

詳しくはこちらを御覧ください。

投稿日時: 2013年04月03日

« 1 (2) 3 4 5 ... 8 »
Page Top