HOME  >  Information  >  CARTの安全基準

Information

CARTの安全基準

(一社)日本アフェレシス学会
理事長 松尾 秀徳

 

本安全基準はCARTを安全に施行するために(一社)日本アフェレシス学会が策定するものである。

 

(安全なCARTシステムに求められる要件)

1) 医療機器

認可された医療機器を添付文書に従い使用する。

(吸引器、シリンジ等の認可範囲外使用は推奨されない)

2) システム

クローズドシステムを推奨する。

(菌混入、逆行性感染の回避)

3) 濾過方法(どちらも可)

ポンプ式/落差式

内濾過(内圧法)/外濾過(外圧法)

濾過器の前方(陽圧式)/後方(陰圧式)

定圧濾過機能 あり/なし

4) 濾過膜の洗浄機能(どちらも可)

生理食塩液による洗浄機能 あり/なし

5) 安全対策

ポンプ式:安全機能を備えた専用装置の使用を推奨する。

落差式:個々の医療機器の使用は添付文書に従い、システム全体の安全に配慮する。

なお、腹腔穿刺、腹水採取、腹水管理、腹水再静注等の手技については、通常の医療安全の考え方に従うものとする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日時: 2018年04月11日


Page Top